FC2ブログ
 

余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Travel is trouble, but that is fun.

一泊目はバンクーバーの空港ホテルfairmont に。
ここは、空港サイドで飛行場の滑走路を眺めながら眠ることができるホテルで、超すてき。ロマンチックすぎて一人旅を呪いました、さみしいわ!
そして、夜に飛び立つ飛行機のランプを眺めながら天野さんやったら"今日の飛行機"とか写真撮るんかなと思いました。

結局meal coupon がすでに20カナダドル出てたのに、ホテルでもさらに22ドルもらったのでタダメシ4000円弱?もらいすぎだと思うんですが、きっかり、三食分。
なんて素敵ねラッキーこれで明日はアメリカに…!

翌朝フライトの2時間前にチェックインカウンターに並びます。
ここ最近のeチケットは機械でチェックイン。結構すごい列。
並びます。
が、試してみたものの機械ではチェックインNG。まあ、昨日のフライトから振り替えた訳ありチケットを持つ私。しょうがないよね。
と、スペシャルアシスタント側のカウンターで待つこと…1時間。
これが、無茶無茶処理が遅いんである。カウンターは2つあるのだが、逐一、間に笑い、他のスタッフとの挨拶、ハグ、またせた客をベンチまで探しに行く、上の階に書類の許可をもらいにいく(10分)、これらを急ぐ様子も見せずのんびり処理しているのを何十mもの列を作って客がじっと、じとっと待つ。
まだイランのほうが機能的よ!と思うほど手際が悪く、
ははあ、これはスタッフの教育が随所に足りてなくて、一箇所一箇所の処理スピードが落ちて結果としてトータルの時間が嵩むんだな、と、昨日からの不満続きの対応の原因を思いました。
まあ何ごとも日本スピードでは進まないというけれど…

で、私の番がきました。
案の定何かを処理しているけど途中で何処かへスタッフが行ってしまった。
まあ、例によってややこしい事情を抱えているわたしのチケットなので、待ちましょう。とはいえいつまで待つのおねーさん?何があったのかだけ聞いときましょう。

"何が起きてるの?"
"あー昨日のエアカナダの振り替えね、

予約できてなかったの。"

て、コラ!!!

でもまあ、海外では結構こういうトチ狂ったことは起こりがちなので、割と慣れっこになってしまったわたし。結局は渡航のチケットが手にはいればいいので、順番が飛ばされないように、彼女の横でじいっと待つこと10分。
まあ、何とかチケットを手に入れることができ、飛ぶことができました。

ついでに飛行機の半券、昨日のいざこざでカウンターに引き上げられちゃったので代わりのレシートも請求。転んでもただでは起きない。

これで認められなければエアカナダに証明証でも請求しなくちゃ。
まあそれも帰ってから。。

万事がすんなりとはいかないものです。

ちなみに知らなかったのですが、カナダ経由でアメリカにはいる時は、入国審査はカナダで受けるのですね。なのでこのあと、バンクーバーで審査を受け、(ちなみにわたしは手荒れが過ぎて指紋が消えてるのでアメリカの審査(両手の指と顔写真を撮られる)でひっかかり、手ピカジェルを付けさせられて再撮影だったのですがそれでも撮れず、最後には無害そうな微笑みでパスしました。)、そこを通り抜ければ

Welcome to USAの文字が。




なんの心づもりもしないで国境越えちゃったよ。

ようこそ、アメリカ。
きたぜアメリカ。

ちなみにわたしはアメリカに入るのが6歳以来。

そのときは父がアメリカに滞在していたので冬休みだけ遊びに行ったのですが、雪景色と公園のブランコ(当時日本にあったのと少し違って背もたれとか付いてたかな?)、くるみを置いておいたらリスが持っていくと言われてくるみを置いた公園、誕生日にはHappy Birthdayと書いたバルーン(当時日本で見たことがなかった)、ベイビーピンクの文房具。大きなクリスマスツリー。

いまは日本にあるものも多いのですが、小さな頃はそんなちょっとしたものがドキドキして(もしかしたら小さなころはイタリアよりどきどきしたかもしれない。子供心をくすぐる国だったのね)いいなあ、と、ほのかな憧れを抱いたことを覚えています。

今となっては、そんなアメリカへの幻想を壊したくなくてかえって、足が遠のいてしまっていたのですが。
アメリカへ何十年ぶりかに入るんだなあ。

というしみじとした感慨が湧いて出てきたのです。

追伸1

やっぱりパスポートのイランビザはひっかかりました。
そりゃそうだよね。
良かったよ、ひげもじゃの男じゃなくて。
人畜無害な微笑みとバックパッカーと同等の装備でパスすることができました。

追伸2
United Airlinesの機内食は有料。知らずに乗ったので降りるまでは我慢。
まあ、昨日ミールクーポン使うために
昼:ウェンディーズの一番高いハンバーガーセット(肉々しい…)
夜:中華セット
朝:ビュッフェ
食べたのでちっとも、まったく、全然お腹は空かないんですけどね。
少し美味しいものが食べたいよう。
ワシントン、シカゴ、ニューヨークで美味しくて、おひとりさまでも入れるレストラン募集中ー。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。