FC2ブログ
 

余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よりみち1 Vancouver Public Library (VPL)

そんなこんなでトランジットに寄るだけだったつもりのバンクーバーで、ワシントン行きの乗り継ぎが上手くいかなかったので一泊することに。ただいま、カナダ。ただいまCanada Line (バンクーバーを走ってる電車です。空港からダウンタウンまで30分弱。上々、便利、素敵。ちなみにわたしのホームステイ先はMarin Driveでした)

そう、ただいまというのも、2012年3月に大学から語学研修に出してもらい1週間滞在していたのです。ああ、贅沢な女ですね、わたしは。(どうしよう、盛大なる不良債権になったら)

ちなみに今回私が持参したネットワーク機器は、iPad, Andoroid スマホ、wifiルーター(アメリカ用)だったのですが、カナダといえば言わずと知れた(いや、わたしが勝手に決めた)フリーwifi大国。スタバもパブも"free wifiのパスワードちょうだい"と、高飛車にいえばへい、とくださる素敵国家、ビバカナダ、ビバwifiと、勝手に盛り上がってたら、カナダエアーの泊まらせてくれた高級ホテル(空港に併設、バスルーム、シャワールーム、トイレ、コーヒーメーカー完備のダブルベッド。よっぽどわたし可哀想だったんだ…)フリーじゃないでやんの。一泊15ドルでwifiだとう。高いわ!(くわっ
しょうがない、空港のスポット使うか…と見てみたらびっくりするほど弱い!!!
つながっては切れ、またつながる…って波か!

で、私はとにかくホテルを一泊キャンセルせねばならず、状況も把握せねばならずネット、ネットぉと考えた時、ふと、思い出したのが

Vancouver Public Library(VPL)
http://www.vpl.ca/mobile/index.html
コロッセオみたいな特徴的な建物で一度見たら忘れられない感じ。
image_20130804111201fa3.jpg


ここのいいところは住人じゃなくてもパスポートなど名前の確認ができる資料を見せればwifiのカードを発行してくれること、割と北米では普通なのかな?&日本がどうなのか把握しきれていないのだけど、短期滞在者もたすかる制度なのだ。
2012年時もさんざお世話になったが一年以上経ったしもういい加減データもないだろうから、新規作成しようかな、とカウンターに行ったら、あら、前に発行してるわよ、と言われました。そうなの。実は前きたんだけど、まだデーターあったのね。。何年保存なのかは聞きそびれました。

ちなみに利用証はフリー版が住民、有料版36$は住民でなくても作れるみたいです。オンラインでも申し込めるよう。

image_201308041113521de.jpg

移民国家カナダを反映してるなあと思うのが、図書館入口にeducation immigration (公的なものではない、確か)があること&多言語資料を所蔵していること。中国語、ペルシア語、日本語、etc.これらは1Fの分かりやすい場所にコーナーを作って配置されている。いかに移民が多いか、またそれに配慮された図書館なのかが分かるような気がする。
image_20130804111351a9f.jpg

5

今日は土曜日ということもあって、外ではいろいろイベントが。
思わず小さな子にまじって缶バッヂを作ってしまった。。
しかしスタバで会った可愛いこどもに気に入られたのであげちゃった。
image_201308041113411f7.jpg


図書館が閉まるので写真はまた後ほど…(土曜日は18時まででした。結構早いね)
上げました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。