FC2ブログ
 

余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれの朝型生活。

ロンドンは朝の6時56分。
日本で夜型の限りを尽くしたわたくしですが、時差を利用して朝型にへんしん!!!
(まあ今だけやろう)
いえいえ、そんなことありません!このまま朝型になるで~!(たぶん無理)

昨日15時半に無事、ヒースロー空港に降り立った。
出発日前日の機材トラブルで出発が3時間遅れとなったけど、到着は1時間遅れ。なので全く影響なし。
そのうえ、オンラインチェックインの恩恵で遅延情報が前日夜に届いていたので自宅での睡眠時間が増えてむしろベスト時間でした笑

さて、寒い寒いといわれていたロンドン。
昼間は、「あ、涼しいな」くらいだったのですが、夜は本当に寒い!
寝巻が半袖だったのでさっそくウルトラライトダウンを着込んで寝ました。もってきてよかった・・・

ヒースロー空港に到着し、のんびりとした入国審査を受け、キングスクロス駅まで。
荷物の受け取りで問題がでることもなく、心配していたスーツケースでの移動もキングスクロスは段差のないプラットフォームの駅だったので、リフトを使ってなんとか無事着きました。

学生寮を探すのは少し迷ったものの後輩職員Sちゃんがもりもり探してくれ、ついていくだけ・・・わたし、楽ちん。笑

といった感じで寮につきました。
SOASの寮は一言でいうと「おみそれしました!」

見くびっててすみません。
まず、シーツと枕、ありました。
タオルまで用意してありました。
石鹸やシャンプーも、トイレットペーパーも、ハンガーもありました。
ホテルみたいでした。
キッチンきれいでした。冷蔵庫2台ありました。電子レンジもけとるも。
部屋はめっちゃきれい!

寮の紹介にあったとおり机の前には大きなピンボードがあって、そこに自分の好きなように写真やメモを画鋲で貼れます。
建物は中庭に面してぐるりA~Fまでブロックに分かれていて夕暮れ時にはキッチンで料理する音や学生さんの話し声が聞こえます。

アットホームで近代的な(いい意味で老舗大学の学生寮として想像していた古めかしいところのない)素敵な寮で、ここで3週間過ごせるんだーとうれしく思います。

まあもっともちょっと窓からの採光が少なくて、机上ライトがないのでそこが難点ですね。
一時的な滞在だけど、ライトを買うかどうか、迷います。
部屋のwifiもいまのところ機能しません。(わたしは日本からひと月ルーターを借りてきたのでモーマンタイですが)

あと、「やっぱり」室内シャワーは上部固定式なので、あったまるには足元が寒いのと、硬水すぎてシャンプーが泡立たないこと、そしてドライヤーをONした瞬間に変圧器がショートしてしばらく使用不可になった・・・(しばらく寝かしたら復活した)

あたり、ちょっと困ってる感じですね。
が、まあまあ順調に初日を迎えられそうです。

今日はこれから大学に。サマーコースのオリエンテーションです。(ウルトラライトダウン羽織って笑)
昨日の間にスーパーを見つけてリンゴ、ハム、牛乳など買い込んだのでこれから朝ごはん、朝ごはん。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。