FC2ブログ
 

余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンテーション準備でコピー機を使う。

最終日のプレゼンに向けて少しずつ準備が始まった。
国際関係学なので毎回議論が暗くて少し参るが、さらに悪いことにわたしたちのグループは「Religious minority」のhuman rightsについて発表することになり、アルメニア人の虐殺について話すことになったので、授業外で読む資料も暗い。
※アルメニア人が宗教的な要因による虐殺かという点については多分そうではない!と思うけど、まあ良いのです。

先日のバンクス・ホリデイではノッティングヒッルでカーニバルがあったようだけど、それに行っておけばよかった!
(でも、イギリスは雨だったわけで、スペイン人の同級生によると”カーニバルって感じじゃなかったわよ!”とのこと。。)

さて、今日はそれに関連してSOASの図書館の本を借りて、コピーもとった!

本は、(またいつか写真をアップしますが)、貸出も返却も機械でやります。
①カードのバーコードを読ませる
②本の標題紙にバーコードが貼っているので、読ませる
しばらく待つとチェックアウト完了です。
返却も、
①ほんの標題紙のバーコードを読み込ませる
返却完了するので、脇にあるブックトラックに置く

こんな感じなので、カウンターは本当に「問い合わせ専門!」という感じ。

ちなみにOPACも使ってみました。
なにがいいって、本が置いてある棚番号まで所在に書いてあるところでしょうか。
LEVEL B STACK 52-54とあると、LEVEL B階(Middle Eastなど)の、52-54列に行けば、あとは請求記号で探すことができます。
本は、(外大バイアスがかかって申し訳ありませんが)ドイツ語やフランス語、英語など各種言語で書かれた資料が主題ごとにまとまっておいてあります。今回はアルメニア人虐殺について調べたかったのですが、それがすっきりまとまっていて大変探しやすかった。細分類も使っているので、より的確に配架がまとまっていると思います。
ちなみに今回借りた本は、トルコで出された(アンカラ)英語の本。
こうした国外の資料にも網を張って選書している点、見習いたいと思います。

さてと、肝心のコピー機ですが、どうやら学費にプリント・コピー機代も含まれているので、私自身は今回お金を払わずに使うことができました(いや、クレジット購入済みということだから、払ってるんですが・・・)

ID・パス(学内wifiを使うときも、メールアドレスにも同じもの)、をコピー機に入力するとログインができます。
クレジットが表示されるので、そのクレジット数はコピーが取れます。
カラー・白黒とコピー機の機能がありますが、大体は日本と一緒かな。
ただ「Book Copyモード」があって、右のページだけ、左のページだけ、といった取り方ができるようですが、わたしには使いこなせなかったです。また挑戦しよう。
いくらだったかはクレジットを見忘れてしまった!また確認します。

使用後はログオフすればよいということで・・・こんな感じで使うコピー機でした。

余談ですが学生証は図書館で発行するのです。
その場で顔写真を撮って、(これはバレエのスタジオでもそうだったので一般に流通しているものなんでしょうが、パソコンにカメラが付いていて、はいとるよーパシャッって感じで楽ちんでした)3分程度で発行してくれます。
学生のデータは事務局の管理のようです。
なので、期限に誤りがあった場合(と、いうことがあって、わたしはアタリました)、本部に行ってデータを修正してもらい、カード本体は図書館で発行してもらうっていう形になります。

ってな感じで、熱心に授業を受けた結果、ノート一冊が終わったので、明日から新しいノートを買わなくちゃ!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。