FC2ブログ
 

余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Short trip to Oxford 2。

What a lovey wheather it is!

at Friday night, we were arrived at Oxford.
I intended to go to The Bodleian Library, one of the most lovely library in the world. But the library tour has been already finished and there were no opportunities to go inside. Very bad chance.

But, then we decided to go "Eagle and Child"!!

Can you imagine?
In this pub, C.S. Luis and Talkien showed their new works.
What air brought them such a imagination?

In the pub finally we tried fish&chips(for us, it was nice, anyway oily, heavy but tasty). Cheese macaroni?? Nachos.
Ale, was great!
not cold, though.

2nd day in Oxford, we started by having "English Breakfast"
That's also nice. Beans, sausage, egg, bacon, with toast.

Then went to the river.
Suddenly, i felt, if i was Luis, Tolkien, or Carroll. What shall we do?
maybe, the shape of town has been changed, but it is possible that the river still stay the same way as they spent their time.

Then we went to the boat house and got 1 for 1 hour (£20, you need ID card).
Fortunately my lovely friend could row a boat, though I couldn't.
Spent a marvelous time. It is also very good weather.
I felt like I could write a story....still I have not tried yet.

After the boat time, we went to 2 colleges, the Magdalen College and the Christ Church.
Are there anybody can believe that buildings are not museum and after finished summer vacation, there are lots of students?

When I saw the Chicago University, I also surprised at its beautiful buildings, but, Oxford is, it is out of my imagination.
Felt like it is Disney Land and I think if I studied there, I would not be able to concentrate on my research anymore because of such a too much wonderful situation..
After coming back to London, SOAS. I felt very relax because it is an university that I can understand that is....hehe.

What a wonderful experience in Oxford.

To round trip to Oxford.
I spent £27 for train, £45 for 1 night hotel.
There is a domestic train from Paddington to Oxford,
You can buy the train ticket from ticket booth. The coaches are all non-reserved.
Every 1 hour 2 trains are running.

For the entrance fee for Colleges you can use Student Card for discount the price if you have.

スポンサーサイト

洗濯機の使い方。

なんだ、そんなもの、わざわざ・・・と思う方はやってみてほしい。
これが私の住んでいる寮の洗濯機の使い方です。

①部屋から3分ほど離れたレセプションそば応接室で「Laundry top-up card」を買います。(ただ買うだけで£2です)
②ネットでカードを有効化します。www.circuit.co.uk
③オンラインでポンドをチャージします(£5から)、クレジットカードを毎回登録することでもできますが、paypalに登録すれば毎回のチャージは楽。
④チャージしたよというPINがウェブ画面に表示されるのでそれをもって、ランドリーに
⑤ランドリーのカードリーダーにカードをかざし、PINを入力してカードにチャージする
⑥洗濯機にカードををタッチして洗濯の種類を選択して開始(£3.2)
⑦乾燥機は一回£1.2だったかな?とりあえず、£5で洗濯・乾燥ができる計算!

って作業を一回も無駄なく終える人がいたら天才だと思う!
わたしは、ランドリーと部屋を何往復かしたよ!!(カードを買ったけど、携帯持っていないからactivateできないし、ね!)

まあ、終えてみれば、きれいで現代的な洗濯機なのですが。
あと、手洗いの苦労を考えたら、30分洗濯機に放り込んで、50分乾燥機に放り込めば完成する洗濯なんて王侯貴族のようなものです(値段も王侯貴族だけどね!1回1000円かあ!!)

Short trip to Oxford

今回の滞在には三回の週末がある。

はじめはこの週末を使っていっぱい旅行するんだ!♡と、乗り放題チケットにするとか、オックスフォードに行くとか、ケンブリッジに行くとか(とことん職業病のチョイス)など、あれこれ迷っていた。

が、徐々に

最初の週末:
National Banks Holiday(働き過ぎのひとたちのために設けられた祝日らしく)を月曜にひかえ、金曜夜から大学などは思いっきりどこも閉まる。

次の週末
SOASのジャパ科の子たちと交流で金曜はロンドンを離れられない

その次の週末
寮を追い出され、アパートに引っ越しして、その次から職場体験…

ということが判明。

平日は主に三時まで授業なのでそれ以降に一時間半かけて移動してもあんまりなにもできないし。

本当はRDAのインタビューをしたくてオックスフォードにもケンブリッジにもコンタクトをとったし、事実アポイントもできそうだったけれど、授業がとにかく優先なので本当に残念なことに、今回は断念した。

が、どーーーしても、諦められなかったのが、ボードリアン!
嗚呼ボードリアン。

ウェブで調べたらBanks Holidayの期間は金曜19時にClose、火曜にOpenとのこと。
ってことは…金曜19時までに着けば……!!

一縷の望みをかけ、SOASからの身元保証書を握りしめ飛び乗る列車、は、Paddington16:55発Oxford行プラットフォーム8。
ノンリザーブシートを選んだら、これってリザーブドシートはチケット上にさしてあるんですね。


さしてないシートはフリー。

ちなみに往復チケットで£28弱。一ヶ月オープン。


4分前に飛び乗ったのに、運良く座れ、世界の車窓から。

わーーイギリスだあぁ!!



スピード感的には、こだま?

途中なんのアクシデントか、電車が止まる。遅れる。
オックスフォードに着いたらもうすぐ18時!

でも、でも19時までっていってたもん…!

さらに一縷の望みをかけて足早に(といいつつ、写真を撮りまくり)、向かって着いたら!

"ツアーやないと入れへんで。"

(デスヨネー!涙目)

土曜日はカード作れるん?

"今週末は祝日やし無理やなー"

(!!!)

ってことで残念ながらがんばったけど、ボードリアンは見られませんでした。
つぎはこのために来る!

Stomp!

前に彼らが日本に来た時から行きたいなーと思っていたStompに行ってきました!
TKTSまで老婆(わたし)の手を引くように、クラスメイト(めっちゃ年下)に連れてきてもらって。

チケッツはおなじみ公式チケット割引販売ブースですがそこで£52→£33で購入。
Circleというちょっといい席の前から3列目ど真ん中!すげー良席!
TKTSのおねーさんもおーsweet!とかいいながら席取ってくれました。

Stompはとにかく手元にあるもの全部を打楽器にしてしまうパフォーマンスアート@アンバサダーシアター。
例えばモップ、例えばバケツ、ホース、スーパーのカート、マッチ箱、ライター、シンク。
必要なのは限りなく正確なリズム感と、叩き続けられる筋肉。そしてチームワーク。

時間は1時間40分(休憩なし)なので、叩き続けられるほうもすごいけど、生まれて初めてこんなに長い時間"打楽器だけ"見たので最後には、朦朧とするやら、ふおおおと思うやら、朦朧とするやら(なんか恍惚なのかもしれない)、ふあわあ!となるやら、

とにかく、"たのしかった!すっきり寝れそう!!"と思える夜でした。

イギリス人は楽しむのが上手!とガイドブックにあったけど、そんな生活をちょっとは追体験できたかなぁ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。