FC2ブログ
 

余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Magna Carta 2015 @ BL。

あますぎるチャイを飲みながら金曜日に見た、BLのマグナカルタ展を思い出す。
それにしてもラッキーだった。
いの一番にBLに行った際、マグナカルタ展をやっているのを知り、でも「学生料金」があるのを知ったので、学生証ができるまで保留しよう、と、無料の展示を見た初日。
それからあれやこれやあり、BLに行けず、展示期間も9月一日までと迫り、「最終日に行くしかないな」と覚悟を決めていたら、
授業で行くことになった(タダ券ってか学費に含まれているチケットで!)

課外学習なのでノートを取りながら読み進める。
マグナカルタというと1215年の年号とセットで覚えることが多いだろうが、1225年に改訂されている。
現在ではそのうち3節が現在の英国法(と、いうのだろうか?English law)でも有効であり、この1225年版はジョン王の死後制定されている。

この展示ではこの1225年版や、インノケンティウス3世のマグナカルタを無効とする布告の展示もあった。

展示では、ジョン王の圧政(というか失策)からマグナカルタ制定まで軌跡と(ジョン王関連の品も多く、彼の”歯”や墓のレリーフのレプリカ、毒殺説、シェークスピア劇中のジョン王の有名俳優などジョン王尽くし)、その1225年版が15Cあたりにも法律家を中心に使用され、17C頃にはラテン語/フランス語併記のヴァージョンが出始め、それが英語に翻訳されていく流れ(と、いうのも面白い。英国で生まれた法だけど、言語上は別だったのね)、北アメリカにたどりつき1791年のBill of Rightsにつながり、
そしてネルソン・マンデラの裁判での演説にひかれる一節”The ideal of a free and democratic socciety in which all person will live togher in harmony and with equal opportunity is an ideal for which I hope to live for and to achieve. ”。1948年の国連人権憲章につながる。

といった13世紀から現在まで人権の意識がつながり、継承されているということを伝える展示だった。

1215年のマグナカルタは現在知られている限り4点しかコピーがなく、そのうち2点がBLにあるらしい(と、先生が言っていた)
そのうち1点をこの展示では見ることができたが、
字が薄れていて見えん!
1731年に火事にあったためとも言われている。

2014年、BLではそれをmulti-spectrial imagingという(Using different bandset light) 手法?で、本体にか化学的変化を加えることなしに読み取りに成功した。(本文はIohannes=Jphnからスタートする)

歴史的価値のある資料を劣化させず、活用させるために現在の技術が追い付いた成果だと思う、すばらしい。

今回の展示は、図書館員として一つのテーマを展示するときにどのようなふくらみを持って展示をするか、(主張がはっきりするか、それとも考えさせるつくりにするか。今回の展示は主張がはっきりした展示なので、わかりやすかった。一方で、マンデラがマグナカルタを引くとき、その思想がただ素晴らしいから引いたのか、あるいは西洋列強の思想の土壌からものを話すことが必要なシチュエーションだったのか、考えによってはいろいろと考える点がある)
音声ガイドを無料で提供しているのだが、そこではキュレーターがそれぞれの作品に意見を述べていて、この展示自体が研究者による深みを持って行われたことが分かったり、

学生として現在学んでいる人権・公正の法制度の誕生、現在につながる流れを知ることができて、知識が深まった。

そして、「マグナカルタ」を「課外活動」で見ることができる立地の良さも、SOASならではである。

スポンサーサイト

SOAS Life 8/26

カナダ、アメリカと来て、移民が多いといっても色々あるんだなーと思っています。
カナダは"国籍取得ビジネス"のような気がしたし(あくまでわたしの独断と偏見ですよ)、アメリカは"もとから君はうちの国のひと"という気分のようになったし、イギリスはそう、"そっと置いといてもらえる"という気分です。
無理やり同化もさせられないし、拒絶もされない。
わたしは元々ビジター気質でどこかに同化したいとも、させられることにも抵抗感を覚えるタイプなのでこうしたイギリスは概ね悪い気はしないです。

さて、SOASでの授業も3日目。
1日目はオリエンテーションとBL。
2日目は授業後にGlobal Japan Officeの亀田さんにお会いして6時間もお話ししたようです(最後のほうは朦朧としてました)
3日目は学生証を受け取りいっぱしの学生面をしています。

クラスメイトは日本人が多い。そして学部生しかいないので、たとえ院生だったとしてもただてさえ年寄りのわたしは、まさしく正体不明感が漂い、もうしわけないなーと身の細る思い。(ほそればいいのに)
が、スペイン人ですでに働いている人が一人(美人なおねーさん)がいて、そのモチベーションに無駄についていかんと頑張っています。

授業は、講義、レビュー、討論の循環。

講義は完全に座学で、先生は話す内容を書いてきていて読み上げてくれます。
板書もほぼないのでノートテイキングにコツがいる。
基礎的な語彙でつまることも多く、よくできるおねーさんのノートと比べると、"落書きか?"という出来。要訓練。

レビューは専門用語の復習や、各自のノートの振り返りのヒントになる質問を渡されグループで検討します。1日目はお試しだったから(主権国家)余裕があったけど、今日の人権からしてすでに日本での不勉強とブランクがたたって、"こんなことも忘れてるって"。

グループ討論は"主権という概念は時代遅れか?"などにyes, noに別れて話すというもの。

全体的にまーそうだな、という構成だけど、座学とアウトプットのバランスはよく、反転教育としてこーやると確かに定着しやすいなということを自分の身で確認できるのは、よい機会。

明日からはファイナルプレゼンテーションの導入が始まります。
さて、どうなることやら。

日本人が多すぎる!

SOASの授業が始まった。
初日は午前中にオリエンテーションと、午後にこれからの授業の概観。

ウェストファリア条約から始まる主権国家下の"justice"はたとえ自国から見てjusticeではないとしても干渉しない"absolute sovereingty"だが、国家レベルにはinter-govermental organizationの動き、非政府系のcivil societyの動きがある現在、(場合によっては)他国のjusticeに対しても責任を持つといった"条件付き主権"へと、justiceへの新たな考え方があるという話。

その背景として、1%の人間が50%の富を独占するという世界における不平等と、それに対して起きたfair tradeの動きの紹介。

という感じだった。

中身自体は十分ついていけるが、自分で話す時の文法上の不正確さはすでに日本で指摘を受けた通りだし、語彙が確実に不足していて要勉強。
でも、多分授業は楽しめそうだ。

これはいい。

しかし、

日本人に多すぎ!

聞けば首都大、上智からは団体が、その他お茶大、外大からも数名参加者があり、わたしのクラスの14名のうち4名を除きみんな日本人!!

わたしは、同僚とこちらに来ているのもあり、より日本語を話してしまうリスクが高くなる。

先生からもあんまり日本人でかたまらないでねーと言われたが、たしかに…!

あこがれの朝型生活。

ロンドンは朝の6時56分。
日本で夜型の限りを尽くしたわたくしですが、時差を利用して朝型にへんしん!!!
(まあ今だけやろう)
いえいえ、そんなことありません!このまま朝型になるで~!(たぶん無理)

昨日15時半に無事、ヒースロー空港に降り立った。
出発日前日の機材トラブルで出発が3時間遅れとなったけど、到着は1時間遅れ。なので全く影響なし。
そのうえ、オンラインチェックインの恩恵で遅延情報が前日夜に届いていたので自宅での睡眠時間が増えてむしろベスト時間でした笑

さて、寒い寒いといわれていたロンドン。
昼間は、「あ、涼しいな」くらいだったのですが、夜は本当に寒い!
寝巻が半袖だったのでさっそくウルトラライトダウンを着込んで寝ました。もってきてよかった・・・

ヒースロー空港に到着し、のんびりとした入国審査を受け、キングスクロス駅まで。
荷物の受け取りで問題がでることもなく、心配していたスーツケースでの移動もキングスクロスは段差のないプラットフォームの駅だったので、リフトを使ってなんとか無事着きました。

学生寮を探すのは少し迷ったものの後輩職員Sちゃんがもりもり探してくれ、ついていくだけ・・・わたし、楽ちん。笑

といった感じで寮につきました。
SOASの寮は一言でいうと「おみそれしました!」

見くびっててすみません。
まず、シーツと枕、ありました。
タオルまで用意してありました。
石鹸やシャンプーも、トイレットペーパーも、ハンガーもありました。
ホテルみたいでした。
キッチンきれいでした。冷蔵庫2台ありました。電子レンジもけとるも。
部屋はめっちゃきれい!

寮の紹介にあったとおり机の前には大きなピンボードがあって、そこに自分の好きなように写真やメモを画鋲で貼れます。
建物は中庭に面してぐるりA~Fまでブロックに分かれていて夕暮れ時にはキッチンで料理する音や学生さんの話し声が聞こえます。

アットホームで近代的な(いい意味で老舗大学の学生寮として想像していた古めかしいところのない)素敵な寮で、ここで3週間過ごせるんだーとうれしく思います。

まあもっともちょっと窓からの採光が少なくて、机上ライトがないのでそこが難点ですね。
一時的な滞在だけど、ライトを買うかどうか、迷います。
部屋のwifiもいまのところ機能しません。(わたしは日本からひと月ルーターを借りてきたのでモーマンタイですが)

あと、「やっぱり」室内シャワーは上部固定式なので、あったまるには足元が寒いのと、硬水すぎてシャンプーが泡立たないこと、そしてドライヤーをONした瞬間に変圧器がショートしてしばらく使用不可になった・・・(しばらく寝かしたら復活した)

あたり、ちょっと困ってる感じですね。
が、まあまあ順調に初日を迎えられそうです。

今日はこれから大学に。サマーコースのオリエンテーションです。(ウルトラライトダウン羽織って笑)
昨日の間にスーパーを見つけてリンゴ、ハム、牛乳など買い込んだのでこれから朝ごはん、朝ごはん。

鍋釜持参の大学の寮。

滞在中は大学の寮に滞在する。
とはいっても3週間で追い出される。なぜならわたしたちサマーコース生は、本科生がオフの間のお部屋の間借り人だから。
最後の一週間は近くのアパートにお引越し。

まあ、それは良いとして、今回の手続きは3月末から始めた。
4月を過ぎれば本業が忙しくなるので前に倒したのだ。
アメリカのリスポンスと比べてイギリスは回答が早い。心なしか気遣いも見える。なんとなくこの遠慮しいなアプローチは日本人に似てる。
素早いレスポンスに、クレジットカードを使ったオンライン決済のスムーズさ、なにもかもワンダフルでグレートだ。

ある日寮の案内を読んでいて気づいた。

"寮には共用キッチンがあります"

Oh great!

でも、フライパンも鍋もありません。

え?

"寮にはベッドがあります"

そらな。

でもブランケットも枕もシーツもありません。
借りることができますが、20ポンドです。

"なんだったら、もってきてね"

フライパンとブランケット担いで来たらそれで荷物ぱんぱんやないかーーい!

ショートタームビジットって、こーゆーの困りますよね。
そして、向こうで買っても持って帰るのめんどくさいに決まってる。
なんで、きっと残置物があると思ってるんですが、それってきれいなのー?そして使っていいのー?

ってなるんで、
ショートビジット用に鍋釜セット貸すと親切ですよね。。

それはともかく寮はBLまで歩いて10分のところでそれはもう、すばらしい立地!
神さまありがとう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。