余はいかにして(RDA調査紀行)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンテーション準備でコピー機を使う。

最終日のプレゼンに向けて少しずつ準備が始まった。
国際関係学なので毎回議論が暗くて少し参るが、さらに悪いことにわたしたちのグループは「Religious minority」のhuman rightsについて発表することになり、アルメニア人の虐殺について話すことになったので、授業外で読む資料も暗い。
※アルメニア人が宗教的な要因による虐殺かという点については多分そうではない!と思うけど、まあ良いのです。

先日のバンクス・ホリデイではノッティングヒッルでカーニバルがあったようだけど、それに行っておけばよかった!
(でも、イギリスは雨だったわけで、スペイン人の同級生によると”カーニバルって感じじゃなかったわよ!”とのこと。。)

さて、今日はそれに関連してSOASの図書館の本を借りて、コピーもとった!

本は、(またいつか写真をアップしますが)、貸出も返却も機械でやります。
①カードのバーコードを読ませる
②本の標題紙にバーコードが貼っているので、読ませる
しばらく待つとチェックアウト完了です。
返却も、
①ほんの標題紙のバーコードを読み込ませる
返却完了するので、脇にあるブックトラックに置く

こんな感じなので、カウンターは本当に「問い合わせ専門!」という感じ。

ちなみにOPACも使ってみました。
なにがいいって、本が置いてある棚番号まで所在に書いてあるところでしょうか。
LEVEL B STACK 52-54とあると、LEVEL B階(Middle Eastなど)の、52-54列に行けば、あとは請求記号で探すことができます。
本は、(外大バイアスがかかって申し訳ありませんが)ドイツ語やフランス語、英語など各種言語で書かれた資料が主題ごとにまとまっておいてあります。今回はアルメニア人虐殺について調べたかったのですが、それがすっきりまとまっていて大変探しやすかった。細分類も使っているので、より的確に配架がまとまっていると思います。
ちなみに今回借りた本は、トルコで出された(アンカラ)英語の本。
こうした国外の資料にも網を張って選書している点、見習いたいと思います。

さてと、肝心のコピー機ですが、どうやら学費にプリント・コピー機代も含まれているので、私自身は今回お金を払わずに使うことができました(いや、クレジット購入済みということだから、払ってるんですが・・・)

ID・パス(学内wifiを使うときも、メールアドレスにも同じもの)、をコピー機に入力するとログインができます。
クレジットが表示されるので、そのクレジット数はコピーが取れます。
カラー・白黒とコピー機の機能がありますが、大体は日本と一緒かな。
ただ「Book Copyモード」があって、右のページだけ、左のページだけ、といった取り方ができるようですが、わたしには使いこなせなかったです。また挑戦しよう。
いくらだったかはクレジットを見忘れてしまった!また確認します。

使用後はログオフすればよいということで・・・こんな感じで使うコピー機でした。

余談ですが学生証は図書館で発行するのです。
その場で顔写真を撮って、(これはバレエのスタジオでもそうだったので一般に流通しているものなんでしょうが、パソコンにカメラが付いていて、はいとるよーパシャッって感じで楽ちんでした)3分程度で発行してくれます。
学生のデータは事務局の管理のようです。
なので、期限に誤りがあった場合(と、いうことがあって、わたしはアタリました)、本部に行ってデータを修正してもらい、カード本体は図書館で発行してもらうっていう形になります。

ってな感じで、熱心に授業を受けた結果、ノート一冊が終わったので、明日から新しいノートを買わなくちゃ!

スポンサーサイト

Short trip to Oxford 2。

What a lovey wheather it is!

at Friday night, we were arrived at Oxford.
I intended to go to The Bodleian Library, one of the most lovely library in the world. But the library tour has been already finished and there were no opportunities to go inside. Very bad chance.

But, then we decided to go "Eagle and Child"!!

Can you imagine?
In this pub, C.S. Luis and Talkien showed their new works.
What air brought them such a imagination?

In the pub finally we tried fish&chips(for us, it was nice, anyway oily, heavy but tasty). Cheese macaroni?? Nachos.
Ale, was great!
not cold, though.

2nd day in Oxford, we started by having "English Breakfast"
That's also nice. Beans, sausage, egg, bacon, with toast.

Then went to the river.
Suddenly, i felt, if i was Luis, Tolkien, or Carroll. What shall we do?
maybe, the shape of town has been changed, but it is possible that the river still stay the same way as they spent their time.

Then we went to the boat house and got 1 for 1 hour (£20, you need ID card).
Fortunately my lovely friend could row a boat, though I couldn't.
Spent a marvelous time. It is also very good weather.
I felt like I could write a story....still I have not tried yet.

After the boat time, we went to 2 colleges, the Magdalen College and the Christ Church.
Are there anybody can believe that buildings are not museum and after finished summer vacation, there are lots of students?

When I saw the Chicago University, I also surprised at its beautiful buildings, but, Oxford is, it is out of my imagination.
Felt like it is Disney Land and I think if I studied there, I would not be able to concentrate on my research anymore because of such a too much wonderful situation..
After coming back to London, SOAS. I felt very relax because it is an university that I can understand that is....hehe.

What a wonderful experience in Oxford.

To round trip to Oxford.
I spent £27 for train, £45 for 1 night hotel.
There is a domestic train from Paddington to Oxford,
You can buy the train ticket from ticket booth. The coaches are all non-reserved.
Every 1 hour 2 trains are running.

For the entrance fee for Colleges you can use Student Card for discount the price if you have.

洗濯機の使い方。

なんだ、そんなもの、わざわざ・・・と思う方はやってみてほしい。
これが私の住んでいる寮の洗濯機の使い方です。

①部屋から3分ほど離れたレセプションそば応接室で「Laundry top-up card」を買います。(ただ買うだけで£2です)
②ネットでカードを有効化します。www.circuit.co.uk
③オンラインでポンドをチャージします(£5から)、クレジットカードを毎回登録することでもできますが、paypalに登録すれば毎回のチャージは楽。
④チャージしたよというPINがウェブ画面に表示されるのでそれをもって、ランドリーに
⑤ランドリーのカードリーダーにカードをかざし、PINを入力してカードにチャージする
⑥洗濯機にカードををタッチして洗濯の種類を選択して開始(£3.2)
⑦乾燥機は一回£1.2だったかな?とりあえず、£5で洗濯・乾燥ができる計算!

って作業を一回も無駄なく終える人がいたら天才だと思う!
わたしは、ランドリーと部屋を何往復かしたよ!!(カードを買ったけど、携帯持っていないからactivateできないし、ね!)

まあ、終えてみれば、きれいで現代的な洗濯機なのですが。
あと、手洗いの苦労を考えたら、30分洗濯機に放り込んで、50分乾燥機に放り込めば完成する洗濯なんて王侯貴族のようなものです(値段も王侯貴族だけどね!1回1000円かあ!!)

Magna Carta 2015 @ BL。

あますぎるチャイを飲みながら金曜日に見た、BLのマグナカルタ展を思い出す。
それにしてもラッキーだった。
いの一番にBLに行った際、マグナカルタ展をやっているのを知り、でも「学生料金」があるのを知ったので、学生証ができるまで保留しよう、と、無料の展示を見た初日。
それからあれやこれやあり、BLに行けず、展示期間も9月一日までと迫り、「最終日に行くしかないな」と覚悟を決めていたら、
授業で行くことになった(タダ券ってか学費に含まれているチケットで!)

課外学習なのでノートを取りながら読み進める。
マグナカルタというと1215年の年号とセットで覚えることが多いだろうが、1225年に改訂されている。
現在ではそのうち3節が現在の英国法(と、いうのだろうか?English law)でも有効であり、この1225年版はジョン王の死後制定されている。

この展示ではこの1225年版や、インノケンティウス3世のマグナカルタを無効とする布告の展示もあった。

展示では、ジョン王の圧政(というか失策)からマグナカルタ制定まで軌跡と(ジョン王関連の品も多く、彼の”歯”や墓のレリーフのレプリカ、毒殺説、シェークスピア劇中のジョン王の有名俳優などジョン王尽くし)、その1225年版が15Cあたりにも法律家を中心に使用され、17C頃にはラテン語/フランス語併記のヴァージョンが出始め、それが英語に翻訳されていく流れ(と、いうのも面白い。英国で生まれた法だけど、言語上は別だったのね)、北アメリカにたどりつき1791年のBill of Rightsにつながり、
そしてネルソン・マンデラの裁判での演説にひかれる一節”The ideal of a free and democratic socciety in which all person will live togher in harmony and with equal opportunity is an ideal for which I hope to live for and to achieve. ”。1948年の国連人権憲章につながる。

といった13世紀から現在まで人権の意識がつながり、継承されているということを伝える展示だった。

1215年のマグナカルタは現在知られている限り4点しかコピーがなく、そのうち2点がBLにあるらしい(と、先生が言っていた)
そのうち1点をこの展示では見ることができたが、
字が薄れていて見えん!
1731年に火事にあったためとも言われている。

2014年、BLではそれをmulti-spectrial imagingという(Using different bandset light) 手法?で、本体にか化学的変化を加えることなしに読み取りに成功した。(本文はIohannes=Jphnからスタートする)

歴史的価値のある資料を劣化させず、活用させるために現在の技術が追い付いた成果だと思う、すばらしい。

今回の展示は、図書館員として一つのテーマを展示するときにどのようなふくらみを持って展示をするか、(主張がはっきりするか、それとも考えさせるつくりにするか。今回の展示は主張がはっきりした展示なので、わかりやすかった。一方で、マンデラがマグナカルタを引くとき、その思想がただ素晴らしいから引いたのか、あるいは西洋列強の思想の土壌からものを話すことが必要なシチュエーションだったのか、考えによってはいろいろと考える点がある)
音声ガイドを無料で提供しているのだが、そこではキュレーターがそれぞれの作品に意見を述べていて、この展示自体が研究者による深みを持って行われたことが分かったり、

学生として現在学んでいる人権・公正の法制度の誕生、現在につながる流れを知ることができて、知識が深まった。

そして、「マグナカルタ」を「課外活動」で見ることができる立地の良さも、SOASならではである。

Short trip to Oxford

今回の滞在には三回の週末がある。

はじめはこの週末を使っていっぱい旅行するんだ!♡と、乗り放題チケットにするとか、オックスフォードに行くとか、ケンブリッジに行くとか(とことん職業病のチョイス)など、あれこれ迷っていた。

が、徐々に

最初の週末:
National Banks Holiday(働き過ぎのひとたちのために設けられた祝日らしく)を月曜にひかえ、金曜夜から大学などは思いっきりどこも閉まる。

次の週末
SOASのジャパ科の子たちと交流で金曜はロンドンを離れられない

その次の週末
寮を追い出され、アパートに引っ越しして、その次から職場体験…

ということが判明。

平日は主に三時まで授業なのでそれ以降に一時間半かけて移動してもあんまりなにもできないし。

本当はRDAのインタビューをしたくてオックスフォードにもケンブリッジにもコンタクトをとったし、事実アポイントもできそうだったけれど、授業がとにかく優先なので本当に残念なことに、今回は断念した。

が、どーーーしても、諦められなかったのが、ボードリアン!
嗚呼ボードリアン。

ウェブで調べたらBanks Holidayの期間は金曜19時にClose、火曜にOpenとのこと。
ってことは…金曜19時までに着けば……!!

一縷の望みをかけ、SOASからの身元保証書を握りしめ飛び乗る列車、は、Paddington16:55発Oxford行プラットフォーム8。
ノンリザーブシートを選んだら、これってリザーブドシートはチケット上にさしてあるんですね。


さしてないシートはフリー。

ちなみに往復チケットで£28弱。一ヶ月オープン。


4分前に飛び乗ったのに、運良く座れ、世界の車窓から。

わーーイギリスだあぁ!!



スピード感的には、こだま?

途中なんのアクシデントか、電車が止まる。遅れる。
オックスフォードに着いたらもうすぐ18時!

でも、でも19時までっていってたもん…!

さらに一縷の望みをかけて足早に(といいつつ、写真を撮りまくり)、向かって着いたら!

"ツアーやないと入れへんで。"

(デスヨネー!涙目)

土曜日はカード作れるん?

"今週末は祝日やし無理やなー"

(!!!)

ってことで残念ながらがんばったけど、ボードリアンは見られませんでした。
つぎはこのために来る!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。